自宅でできるダイエット【足パカなら痩せたい部分を引き締められる】

自分自身の問題点を把握

着圧ソックス

圧力の違いを知る

朝起きた時に顔がむくむことがあるでしょう。起きているときは頭や顔は高いところにあります。でも寝ているときは他の部位と同じ位置になります。普段よりも血液や水分が顔の当たりに集まるのでむくんだ状態になります。では日常生活をしているときにはどの部分がむくみやすいかです。地球には重力があるので、どんどん地面に下がりやすいです。体の中の血液や水分も下の方に下がりやすくなっていて、足がむくみやすくなります。足のむくみを解消してくれるグッズとして着圧ソックスがあります。元々医療用として作られ、手術の後に用いたり、特定の病気の時に強めの着圧ソックスを着用することがあります。同じ仕組みですが、市販されている着圧ソックスはもっと圧力が弱めになっています。その名の通り履いている部分にそれなりに圧力がかかるので、かなりきつめのソックスを履いた感覚になります。でも慣れてくると一般的なソックスを履いているよりも楽になります。着圧ソックスの種類としては、着圧のレベル、糸の太さによる違いがあります。着圧が30mmHg以上になるとかなり強くなり、最初に履くのには適していません。10mmHgから20mmHgぐらいのものを選ぶと良いでしょう。糸の太さはデニールと呼ばれる単位が使われます。医療用が140デニール以上とされていて、一般的にはそれよりも小さい値になります。最初は70デニール以下のものから使うようにしましょう。もっと効果を得たいなら70デニール以上を選びます。